本文へ移動

●キャノンメディカルシステムズ社製 MRI(1.5T)Vantage ElanCT(80列)Aquilion lightning Helios を導入いたしました。
他医療機関さまからのご依頼を受け付けております。  
【連携室直通097-537-4480】までお問合せください。

診療技術部|栄養科

医療法人芝蘭会 今村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3-2-29

TEL.097-532-5181

FAX.097-533-0116

病床数60床
▶急性期一般入院料
▶地域包括ケア入院医療管理料
▶回復期リハビリテーション病棟入院料

2022年度 組織目標:栄養科

入院患者様の喫食率向上を目指す
 
□年間目標
給食運営の安定化を図る

 

入院患者様へ個別対応の充実

 

他部署との連携を取る

 

栄養指導の実施件数を増やす

栄養科

(管理栄養士より)
入院中のお食事は治療の一端を担っており、患者様の症状や検査数値・食生活などから患者様一人ひとりの病状に沿ったお食事を提供できるように努めております。また、栄養指導(相談)もお受けしています。
医師の指示に基づき、患者様の日常の生活に沿って、よりよい生活習慣・食生活の提案をさせていただきます。
 
(調理部より)
基本はご飯・汁物・主菜・副菜・果物(デザート)で提供しています。
また、行事食にも力を入れており、お正月・節句・七夕・クリスマスなど患者様に喜んで頂けるような給食を目指し、栄養士・調理従業員共々日々励んでおります。
 
 
<入院食事指導>
入院中のお食事を通して、退院後の食生活の提案をさせていただきます。
退院後も外来にて食事相談を引き続きサポートいたします。
 
<外来食事指導>
※食事指導(相談)のご予約は医師・看護師・管理栄養士にご相談下さい。相談に応じて随時行います。
 
 ①医師の診断 ⇒ ②管理栄養士による食事指導 ⇒ ③ご自宅での食事療法
 
 

病院食のご紹介

ご家族さまへ

当院では新型コロナウイルス感染予防の為、面会を禁止させていただいております。そんな中、少しでもご入院中の方の様子をご家族にお伝え出来る事ができないかを考え、一部ではございますが、ご提供させていただきましたお食事の写真を掲載しております。ご覧いただけると幸いです。
ちゃんぽん
えびグラタン
5月第一週の献立

栄養相談はじめました

入院中の患者さま・ご家族さま・外来患者さま・通所・訪問リハをご利用の方へ

ネットやSNS等で健康や食事に関して検索すると様々な情報があります。しかしながら、自分自身身にあったものではありません。毎日お仕事で忙しく過ごしている方々、これを機会に当院を受診してみませんか?自分の体を少し…心配してみませんか?「毎日の健康は毎日の食事から・・」外来栄養指導は電話や情報通信機器を使ってもできますので、先ずはお気軽にご相談ください。

管理栄養士コラム

RSS(別ウィンドウで開きます) 

【第33回】日本食代表!〝梅〟

2022-06-04
オススメ
梅は日本で古くから親しまれてきた果物で、日本食には欠かせない食品です。
生梅の季節は5月下旬~6月下旬にかけて収穫され市場に出回ります。
紀州梅の会では6月6日は「梅の日」と定められているそうです。
ただし、梅は生で食することはほとんどなく、加工した梅を食べます。
※生の梅には毒性の成分があり、多量に摂取すると人体に悪影響を及ぼす危険があるので
加工してから摂取しましょう。
熟し具合で用途が違い、梅干しは完熟した黄色味を帯びたもの、梅酒は未熟な青梅を
梅シロップも基本的には未熟の青梅を使用します。梅ジャムはどちらでもOKなど用途に
合わせ加工されています。
梅の効能
☆疲労回復効果…梅の酸味成分でもあるクエン酸・リンゴ酸・コハク酸などの有機酸が豊富に含まれています。有機酸は糖質の代謝を促し活性化させ、エネルギーを代謝を促進してくれます。エネルギー代謝がスムーズ行われることで、疲れや老廃物が溜まるのを抑え、老化防止や疲れにくい身体づくり、更には生活習慣病予防にも期待できます。
☆食欲増進…梅に含まれるクエン酸は唾液の分泌を促進して食欲を増進させる働きや胃液やその他の消化酵素の分泌を高めて消化吸収を助けてくれます。また微量に含まれてピクリン酸は腸の働きを活発にし、便通の改善にも効果的です。
☆肝機能の強化…梅にはピルビン酸という成分があり、これは肝機能の強化に有効だと言われています。二日酔い予防に梅干しを食べたり、梅酒を飲むと良いとされています。
☆血液サラサラ効果…梅は加熱するとムメフラールという成分が作られ、血流を改善し血栓予防、動脈硬化予防に効果的です。
☆カルシウムの吸収を促す…梅に含まれるクエン酸には吸収率の低いカルシウムや鉄の吸収を促し、カルシウムが骨から持ち出されるのを防ぐので、毎日食べる事でカルシウムの定着率が徐々に高まっていくことが期待されます。
☆美肌・老化防止…梅のクエン酸には新陳代謝を促し体内の老廃物の排出を促進してくれます。それによってむくみの解消や老化防止などによいとされています。また梅にはポリフェノールやビタミンEなど多く含有しており、抗酸化作用が期待できます。
☆お手軽レシピ☆
きゅうりの梅肉和え〖2人分〗
【材料】
・きゅうり      … 1本
・梅干し       … 南高梅(大) 1個
・昆布だし(顆粒)   … 小さじ1・1/2
【作り方】
    きゅうりは良く水洗いし、長さ4cm程度の拍子木切りにする。
    切ったら小さじ1の昆布だしをまぶして水気が出るまで置いておく。
    梅干しは種を出して、軽く刻んでおく。
    きゅうりから水分が出てきたら、よく水気を絞り、ボールに入れる。
    きゅうりに残りの小さじ1/2の昆布だしと刻んだ梅干しを入れ、和える。
    器に盛り付けて完成。
☆熱中症対策にピッタリの一品です☆



ごあいさつ

何より食事こそが健康の基盤だと考えております。
健康寿命を延ばし、ご自身ご家族のために
より良い生活を送りませんか?
食事療法のきっかけ作りから、
サポートまで精一杯させて頂きます。
今後は食事や栄養に関する様々な情報を配信していきたい思いますので、
宜しくお願い致します。
 
管理栄養士
足立

【第32回】新緑の季節には!〝新茶(前茶)〟

2022-05-11
お茶は年に3~4回収穫します。新茶はその年の一番最初に出た新芽を摘み取ってお茶に
したものです。一番最初に収穫(4~5月)することから、一番茶とも呼ばれます。
新茶は甘みとうま味が強く、苦みが少ない。新緑を思わせる様な爽やかな香りが特徴です。
テアニンが豊富でリラックス効果が高いなどの特徴があります。また新茶を飲むと一年間健康でいられると言われるほど、様々な健康効果があります。
新茶(煎茶)の効能
☆生活習慣病予防…煎茶を飲むと現代人に多い生活習慣病予防に繋がります。例えば、
 食前に煎茶を飲むとカテキンが腸で働き、糖の吸収を抑えてくれるので、食後の血糖値を急上昇を抑えられます。カテキンはポリフェノールの一種で強い抗酸化作用がある為、
高血糖予防や高血圧予防もでき、血管の健康を保つ働きがあります。
☆デトックス効果…煎茶には利尿作用があり、実はむくみに有効です。カフェインによる
 利尿作用やクロロフィルという葉緑素が老廃物を吸収し、体外に出してくれます。
☆抗ウイルス作用…普段から煎茶を飲んでカテキンを摂取していると、様々なウイルスが体内に入ったときに細胞にくっつきにくい状態になり、ウイルス増殖を防ぐ作用があることが分かっています。※あくまでも予防効果のみです。
☆疲れやイライラする人へリラックス効果…煎茶にはギャバ(GABA)という成分が含まれています。ギャバは脳に存在している興奮した神経伝達物質を抑える成分でアミノ酸のひとつです。リラックス効果があるので安眠にも効果的です。
☆疲労回復効果…煎茶にはビタミンB群が多く含まれています。ビタミンB群がエネルギー供給や老廃物の代謝に働きかける元気のもとと言われており、不足すると疲れやすくなります。
☆ダイエット効果…煎茶はノンカロリーなのでカロリーが気になる人にはオススメです。
 カフェインにはダイエット効果があり、脂肪燃焼作用や脂肪を分解する酵素の働きを
助ける働きもあります。また煎茶に含まれるカテキンやギャバもダイエット効果が
 各々あり、十分な効果が期待できます。
☆美味しい煎茶の入れ方☆
新茶(八女茶)〖2人分〗
【材料】
・煎茶(新茶)茶葉  … 4g(ティースプーン2杯) 
・お湯       … 120~140cc 
【入れ方】
    お湯は一度湯呑に移し、70~80℃まで冷まします。
    茶葉を入れた急須に適温にしたお湯を入れて、40秒程度蒸らします。
    2~3回軽く回し、湯呑に均等に廻し注ぎます。
〖ポイント〗最後の一滴までしっかり出し切る!
最後の一滴にうま味が凝縮されています☆

【第31回】骨粗鬆症の予防にオススメ!〟〝しらす〟

2022-04-13
しらすとは主にマイワシとカタクチイワシなどの稚魚の総称です。産地によって旬は異なりますが、春と秋に旬を迎えます。またしらすは加工方法によって異なり、「生しらす」、「釜揚げしらす」、「しらす干し」、「ちりめんじゃこ」と乾燥度合によって名称も変わります。
しらすは身が小さくて柔らかいので、骨や内臓など丸ごと食べることが出来き、栄養価が高いという特徴があります。骨を強くするカルシウム、ビタミンD、マグネシウムが一緒に摂取できる優れた食材です。
しらすの栄養成分
☆カルシウム…生しらす100g当たり210mg、半乾燥しらす(ちりめんじゃこ)100g当たり520㎎のカルシウムが含まれます。カルシウムは骨や歯に必要な構成成分です。
 また神経の興奮を抑え、筋肉の働きを正常に保ち、出血を止める働きもあります。
☆たんぱく質…生しらす100g当たり15g、半乾燥しらす(ちりめんじゃこ)100g当たり40g
のたんぱく質が含まれます。たんぱく質は消化によってアミノ酸に分解され、筋肉・内臓・肌などを作る材料となり、とても重要なエネルギー源です。
☆ビタミンD…生しらす100g当たり6.7μg、半乾燥しらすには100g当たり61μg含まれています。ビタミンDはカルシウムの吸収を高めて骨や歯を丈夫にし、カルシウムの血中濃度を一定に保つ働きがあります。
☆ビタミンB12…生しらす100g当たり4.2μg、半乾燥しらすには100g当たり6.3μg含まれています。ビタミンB12は神経機能を正常に保って精神を安定させる働きがあります。
 また疲労や体力の低下を引き起こす巨赤芽球性貧血を防ぐ働きもあります。
☆マグネシウム…生しらす100g当たり67mg、半乾燥しらすには100g当たり130mg含まれています。マグネシウムはミネラルの成分のひとつで骨や歯の健康維持や細胞のカルシウム濃度を調整する働きがあります。生活習慣病などの際に細胞内のマグネシウムの低下が見られるほか、摂取量が不足すると骨粗鬆症リスクも高まります。
 
アレンジレシピ
春キャベツと釜揚げしらすの温サラダ
【材料】
・春キャベツ     …   3~4枚(200g程度)
・釜揚げしらす    …   30g
・アンチョビペースト …   小さじ1~1.5
・EXオリーブオイル …   小さじ2
・バジル粉      …   適宜
・黒コショウ     …   適宜
【作り方】
    春キャベツを水で洗い、一口サイズに切る。
    耐熱容器に切ったキャベツを入れラップをかけて600Wで2分間加熱する。
    一度キャベツを取り出しアンチョビペーストを入れて混ぜ、再度600W
1分間加熱する。取り出したらEXオリーブオイルを回しかけて和える。
    お皿にキャベツを盛り付け、上から釜揚げしらすを乗せる。仕上げにお好みで
バジル粉と黒コショウをかけて完成。

【第30回】春が旬!〝生ワカメ〟

2022-03-16
海藻類は低カロリーで栄養豊富な健康食品で、中でもワカメは多くの栄養素が含まれています。春になると新ワカメが出回り、「生ワカメ」が食べられます。身が厚く、食感よく、
食べ応えのある生ワカメはいろいろな料理に使え、春を感じる食材です。
他に湯通した後に塩蔵した「塩ワカメ」、塩ワカメを塩抜きして乾燥させた「乾燥ワカメ」などあります。部位の違いでは「めかぶ」や「茎わかめ」などあり、栄養価も部位によって少しずつ差があります。
ワカメの栄養価
    ヨウ素…甲状腺ホルモンの構成成分として重要な役割を担っており、たんぱく質の
合成や酵素反応を主に、細胞の活動、末梢組織の成長、神経細胞の発達、エネルギー
代謝に関係し、発育に欠かせないホルモンです。不足すると甲状腺に異常をきたす
可能性がありますが、長期的な過剰摂取により過剰症が起きることがあります。
    アルギン酸…ワカメの粘り成分の一つで、水溶性食物繊維のアルギン酸です。
ワカメに含まれるアルギン酸は通常のカリウムと結合した状態で存在していますが、
胃の中に入るとアルギン酸とカリウムに分解されます。アルギン酸とカリウムのダブル効果で血圧を安定させます。他にもコレステロールを吸着して排出する働きもあります。
    カルシウム…骨や歯の形成に必要なミネラルの一種です。生わかめ100g当たり100mg
含まれています。カルシウムは骨や歯の構成成分となり、骨粗鬆症の予防にも役立ちます。ビタミンDにはカルシウム吸収を効率よくする働きがあります。
    フコイダン…ワカメの粘り成分の一つで、水溶性食物繊維のフコイダンです。
フコイダンには免疫力の向上や生活習慣病の改善効果があります。免疫細胞を活性化させ、胃の調子を整えたり、アレルギーの緩和作用などがあることから、わかめなどの
ねばりのある海藻は体によいと言われています。
    カリウム…ミネラルの一種カリウムです。ワカメの栄養素としてカリウムが多く含ませれおり、体内に水分を保持するために必要な栄養素です。また神経刺激の伝達や心臓と筋肉の機能を調節する働きがあります。他にも腎臓でナトリウムの再吸収を抑制して、尿への排出を促す役目もあります。
☆おすすめレシピ☆
生ワカメともやしのナムル
【材料】
・生ワカメ  …   150g
・もやし   …   1袋
・すりごま  …   大さじ1
・鶏がら(顆粒)…   小さじ2
・ごま油  …   小さじ2
・豆板醬  …   適宜
【作り方】
    生ワカメを良く水洗いし、沸騰したお湯で湯通しする。黒っぽい色から鮮やかな青(緑)に変わればOK。ザルにあげ、流水で冷やし、水切りする。
    もやしは良く水洗いし、沸騰したお湯で2~3分軽く茹でる。茹で上がったらザルにあげ、水切りしながら粗熱を取る。
    生ワカメは水気をよく絞って、一口大サイズに切っておく。
    もやしは粗熱が取れたら、水気をよく絞って、ボールに入れ、生ワカメと合わせる。
    ボールにすりごま・鶏がら・ごま油・豆板醬(お好みで)を入れ、よく混ぜ器に盛る。
TOPへ戻る