大分県大分市の今村病院/整形外科/リハビリテーション科/循環器内科/内科/外科/胃腸科/呼吸器科

 

診療技術部 栄養科

 

2020年度 組織目標:栄養科

2020年度 組織目標:栄養科
 
他部署との連携を図り、適切な栄養・食事管理を目指す。
 
□年間目標
食事摂取基準2020年改定を反映させる

 

他部署との連携を図る

 

患者さま一人一人に適した食事提供を目指す

 

栄養指導内容の充実

 

 

 

栄養科

栄養科
 
(管理栄養士より)
入院中のお食事は治療の一端を担っており、患者様の症状や検査数値・食生活などから患者様一人ひとりの病状に沿ったお食事を提供できるように努めております。また、栄養指導(相談)もお受けしています。
医師の指示に基づき、患者様の日常の生活に沿って、よりよい生活習慣・食生活の提案をさせていただきます。
 
(調理部より)
基本はご飯・汁物・主菜・副菜・果物(デザート)で提供しています。
また、行事食にも力を入れており、お正月・節句・七夕・クリスマスなど患者様に喜んで頂けるような給食を目指し、栄養士・調理従業員共々日々励んでおります。
 
 
<入院食事指導>
入院中のお食事を通して、退院後の食生活の提案をさせていただきます。
退院後も外来にて食事相談を引き続きサポートいたします。
 
<外来食事指導>
※食事指導(相談)のご予約は医師・看護師・管理栄養士にご相談下さい。相談に応じて随時行います。
 
 ①医師の診断  管理栄養士による食事指導 ⇒ ③ご自宅での食事療法
 
 
 

管理栄養士コラム

管理栄養士コラム
フォーム
 
ごあいさつ
何より食事こそが健康の基盤だと考えております。
健康寿命を延ばし、ご自身ご家族のために
より良い生活を送りませんか?
食事療法のきっかけ作りから、
サポートまで精一杯させて頂きます。
今後は食事や栄養に関する様々な情報を配信していきたい思いますので、
宜しくお願い致します。
 
管理栄養士
足立
 
【第10回】腸内環境を整えて免疫力アップ!
2020-05-12
新型コロナに負けない身体を作るためには     
まず腸内環境を整えることから始めましょう。     
腸内の善玉菌を増やすことで、栄養がきちんと消化吸収され、     
代謝が活性化するのです。     
水溶性と不溶性のどちらの食物繊維も大腸で善玉腸内細菌の     
餌になり、腸内環境が改善。「食べない」のではなく、     
食物繊維たっぷりのご飯をしっかりと食べることで、きれいな腸を     
育てて免疫力を磨きましょう。     
     
     
☆免疫力アップメニュー☆     
〇オクラの肉巻き     
〇こんにゃく入りきんぴらゴボウ     
〇せろりのピクルス     
〇麦ごはん     
〇果物 
    
     
オクラの肉巻き   
材料(二人分)     
・オクラ  8本   
・豚バラ(しゃぶしゃぶ用)  8枚   
・塩・コショウ  適量   
・片栗粉  大さじ1   
・サラダ油  大さじ1   
〘タレ〙     
・醤油  大さじ1.1/2   
・酒  大さじ1   
・みりん    
・はちみつ   
 
   〘作り方〙  
1、オクラはガクのまわりを包丁で ぐるりとむく。豚肉を1枚ずつらせん状に  
  しっかりと巻き付け、塩・コショウをして片栗粉をまぶす。  
2、〘タレ〙の材料は混ぜ合わせておく。  
3、フライパンに火をかけてサラダ油を熱し、1,の豚肉の巻き終わりを下にして  
  並べて焼く。巻き終わりが固まったら転がしながら全体に焼き色を付ける。  
4、フライパンの油をふき取り〘タレ〙の材料を入れて絡める。
 
こんにゃく入りきんぴらゴボウ   
材料(二人分)     
・ゴボウ  1/2本   
・にんじん  1/2本   
・こんにゃく(あく抜き済み)100g   
・ごま油  大さじ1   
・砂糖  大さじ2/3   
・みりん  大さじ1   
・酒  大さじ1   
・醤油  大さじ2   
・七味唐辛子  適量 
      
  〘作り方〙  
1、ゴボウは泥を洗い、やや大きめのささがきにする。にんじんとこんにゃくは  
  幅5mm程度の細きりにする。  
2、フライパンにごま油を入れて熱し、こんにゃく、にんじんを入れて、3分程度  
  こんにゃくの水分が飛ぶまで炒める。  
3、砂糖・みりんを加え1分、さらに酒・醤油を加え1分炒める。  
4、調味料の水分がなくなったら火を止め、お好みで七味唐辛子を掛ける。  
 
 
【第9回】「攻め」の減塩と「守り」の減塩
2020-04-08
 『減塩』には2つの方法があります。それが『攻め』の減塩と守りの減塩。      
2方向から減塩することで、無理のない継続的な減塩がしやすくなります。      
 
〘攻め〙塩分摂取量を積極的に減らす      
〇調味料を工夫する。      
→調味料を掛け過ぎないのはもちろん、減塩調味料を活用したり、      
出し汁や酸味のあるレモン汁などを活用することで、塩や醤油からの      
   塩分の摂取を抑えることが出来ます。      
〇塩分の含有量が多い食品を減らす。      
→漬物や佃煮、ハムやソーセージなどの肉加工品、タラコやスジコなどの      
塩漬けした魚、ちくわやかまぼこなどの練り製品など、塩分が多く含まれる      
食品は控ましょう。      
〇汁物、麺類の食べ方を工夫する。      
→味噌汁は1日1杯まで、麺類はスープを半分以上は残すなど、食べる回数や      
量を減らすことで塩分の摂取を抑えることが出来ます。      
〇腹八分目を大切に。      
→食べ過ぎないことで自然と減塩につながります。ゆっくりとよく噛んで、      
腹八分目を習慣にすることで肥満予防にもなります。      
 
〘守り〙塩分を排出する栄養素を摂取する      
〇カリウムを多く含む食品を食べる。      
→カリウムには塩分の元であるナトリウムの排出を促す効果があります。      
(例)大豆、カボチャ、ほうれん草、イモ類、リンゴ、海藻等      
〇カルシウム、マグネシウムを摂取する。      
→カルシウムやマグネシウムにはカリウムの働きをサポートする効果があります。      
(例)牛乳、納豆、玄米、モロヘイヤ、ごま等      
      
『攻め』が緩んだら、『守り』で引き締める!      
まずは体内に取り入れないように、『攻め』減塩を意識しましょう。      
もしも、塩分を摂りすぎてしまったら…      
『守り』の減塩で体内から排出するように心掛けましょう
。      
 
 
【第8回】良質な脂質を摂取しよう!
2020-03-12
良質な脂質を摂取しよう!  
脂質は重要なエネルギー源になるだけでなく、ホルモンや細胞膜、  
核膜を構成したり、皮下脂肪として臓器を保護したり、体を寒冷から  
守ったりする働きもあります。また脂溶性ビタミン(A,D,E,K)の吸収を促すなど、  
重要な役割を担っています。  
不足すると皮膚障害(湿疹)や皮膚のかさつきを引き起こし、  
血管がもろくなります。また脂溶性ビタミンの吸収率が低下します。  
一方、摂りすぎると肥満などの原因にもなるので注意が必要です。  
脂肪の構成要素である脂肪酸には動物性の脂肪に含まれる飽和脂肪酸と  
植物や魚に含まれる不飽和脂肪酸があり、飽和脂肪酸は摂りすぎると  
血液中のLDL-コレステロールが増加し、動脈硬化などの原因にもなります。  
  
不飽和脂肪酸の種類  
✿血中コレステロールを下げる青魚・アマニ油・ごま油  
・青魚に含まれるオメガ3系脂肪酸のEPA、DHAは血管を強くしたり、血液中の  
中性脂肪やコレステロールを減らしてくれる働きがあります。  
・アマニ油などに含まれるオメガ3系脂肪酸のαーリノレン酸はアレルギーや  
高血圧、心疾患など予防します。  
・ごま油などに含まれるオメガ6系脂肪酸のリノール酸は血液中のコレステロール  
を減らしてくれます。  
✿心臓病やがんを予防するオリーブオイル  
・オリーブオイルに含まれるオメガ9系脂肪酸のオレイン酸  
必須脂肪酸ではありませんが心臓病やがん発生性低下、コレステロール低下、  
胃酸の分泌調整などの働きをしてくれます。  
  
健康な血管を維持しよう  

☆サバの塩麴焼き☆  
【材料】2人分  
・サバ 2切れ  
・塩麴 大さじ2  
・大根おろし 適量  
  
【作り方】  
・サバに塩麴をまぶし、30分ほど冷蔵庫に置いておく。  
・30分経ったら、サバをグリルで焼き、大根おろしを添える。
 
【第7回】2月のほうれん草はココがすごい!
2020-02-08
緑黄色野菜の中でも特に栄養価が高いほうれん草。    
年間を通して手に入りますが、栄養価が高まり、おいしさも増す旬の季節は冬。    
冬の寒い空気に当たると甘さが増すため、霜が降りるくらいの寒い季節がおススメ。    
    
☆2月のほうれん草はここがスゴイ!☆    
☆ビタミンCの含有量が7月の7.7倍☆    
✿白内障の発症リスク軽減    
夏のほうれん草は1か月で成長するのに対して真冬のほうれん草    
(2月)は成長に3か月もの時間がかかります。その分ゆっくりと土から栄養を吸収し、    
沢山栄養を得ることが出来るのです。このため2月のほうれん草は年間で最も    
ビタミンCの含有率が多くなり、1束(300g)でレモンC10個分に相当するビタミンC    
が含まれます。(レモン1個当たりのビタミンC量を20mgとした場合)    
ビタミンCには白内障の原因となる活性酸素を体内で除去してくれる抗酸化作用があります。    
    
✿貧血予防に効く鉄が豊富    
野菜に含まれる鉄は体への吸収率が良くありません。しかしビタミンCや動物性たんぱく質と    
一緒に摂ると吸収が高まります。まさに旬のほうれん草を摂ると一石二鳥です。    
    
✿動脈硬化予防    
冬の寒さにさらすことで栄養価が高まります。糖は2倍、ビタミンCは1.5倍、ミネラルも増えます。    
ビタミンCには細胞を傷つけてガンや動脈硬化の原因となる活性酸素を体内で除去してくれる    
抗酸化作用があり、動脈硬化予防にも効果的です。    
    
✿感染症予防    
ビタミンCには体の免疫を高めて、風邪やインフルエンザから守てくれる効果があります。    
    
✿美肌効果    
肌のみずみずしさを保つコラーゲンの生成を助ける作用があり、日焼けによるシミ、ソバカス    
の予防など美容効果もあります。    
    
寒締めほうれん草で動脈硬化を予防!  
  
ほうれん草と卵のおかか炒め    
【材料】2人分    
・ほうれん草  1束  
・卵  2個  
・塩  少々  
・醤油  大さじ1/2  
・かつお節  1パック(5g)  
・オリーブ油  適宜  
【作り方】    
・ほうれん草はフライパンに蒸し茹でにし、水気を絞り、食べやすく切る。    
・卵に塩少々を入れて混ぜる。フライパンにオリーブ油をしき、卵を流し入れる。    
好みの硬さに固まったら取り出す。    
・空いたフライパンにオリーブ油を足し、ほうれん草を入れて炒める。    
・醤油を入れて、かつお節を混ぜてから卵を戻し入れてざっくりと混ぜれば出来上がり。    
1
医療法人芝蘭会 今村病院
〒870-0022
大分県大分市大手町3-2-29
TEL.097-532-5181
FAX.097-533-0116
 
<<医療法人 芝蘭会 今村病院>> 〒870-0022 大分県大分市大手町3-2-29 TEL:097-532-5181 FAX:097-533-0116