大分県大分市の今村病院/整形外科/リハビリテーション科/内科/循環器内科/外科/胃腸科/呼吸器科

 

スタッフ勉強会

 
フォーム
 
8月スタッフ勉強会
2019-08-24
 
今月は若手セラピストが主催の勉強会と1~2年目セラピスト対象の勉強会の2題を実施しました。

1)若手セラピストが主催したのは「在宅生活から逆算提案!入院リハビリテーションの治療戦略」というテーマで、外部の勉強会に参加した伝達講習の形で実施しました。実際の具体例をもとに、入院時から在宅を見据えた取り組みのポイントや退院後も自主トレーニングを継続してもらう工夫などについて、参加セラピストからの意見等も交えながら勉強会を行いました。

2)  1~2年目セラピスト対象の勉強会は「コーチング」というテーマで実施しました。コーチングのメリットや基本スキルの確認、ティーチングとの違いを学びました。また「ほめる」ことのコツや重要性についても説明があり、患者様とのコミュニケーションにおいて、すぐに実践できる内容の勉強会でした。
 
7月スタッフ勉強会
2019-08-01
今回は歩行分析というテーマで勉強会を行いました。

 動作分析4回シリーズの最終回は、歩行時のロッカー機能に着目した勉強会を行いました。3つのロッカー機能の基本的なメカニズムを復習した後、グループに分かれてリハスタッフ(実習生)の歩行分析を行いました。疾患のない健常ベースでも歩容は様々であり、改めて歩行分析の難しさと知識の積み重ねが必要だと実感した勉強会でした。
 
6月スタッフ勉強会
2019-06-28
今回はスプリント療法というテーマで勉強会を行いました。
当院では装具療法の一環として、作業療法士が医師の指示を受けて、スプリントの作成を行っています。
今回は理学療法士も参加して、手指用スプリントの基礎を学びました。実際にDIP関節やPIP関節固定に使用するスプリントの型紙を作成し、その注意点やポイントを作業療法士のセラピストから説明してもらいました。
 
5月スタッフ勉強会
2019-05-22
今回のテーマは①「リスク管理」・②「良性発作性頭位めまい症(BPPV)に対する取り組み」という内容でした。
①は当院でのリハビリ中止基準に関して、医師に内容を確認していただき見直しを行いました。そこで、リスク管理に必要な視点や個別の症状に対するリスクの判断基準に関する内容をリハスタッフで周知する目的で行いました。
②は医師から「離床時のめまいを予防する事は出来ないか?」との指示があり、リハ科で対策を講じました。失神性めまいや回転性めまい(主にBPPV)の原因、臥床時から出来るめまい予防の体操に加え、臥床姿勢・環境などに対する取り組みを実施していくという内容でした。
 
4月スタッフ勉強会
2019-04-16
新年度になり、今年もリハ科での勉強会を行っていきます。
今回のテーマは「ハラスメントとメンタルヘルス」という内容でした。
リハビリテーション養成校の実習が5月から始まります。当院も実習施設になっている為、学生指導時の注意点に関して、実習の担当になるスタッフを中心に勉強会を行いました。時代の変化に伴って、指導方針や方法も以前とは違うものとなってきています。学生の成長を技術面だけなく精神的な面においてもサポートしていく事の必要性を学ぶことが出来ました。
 
2月スタッフ勉強会
2019-02-23
今回のテーマは「触察(上肢編)」という内容でした。
整形外科領域におけるリハビリの評価や治療には骨や筋、軟部組織を触るという技術は非常に重要なものとなってきます。前回は下肢編を実施した為、今回は、上肢編として筋触察に必要な筋の走行の確認と実際に触る時のポイントを中心に勉強会を行いました。
 
1月スタッフ勉強会
2019-01-23
今回のテーマは「触察(下肢編)」という内容でした。
整形外科領域におけるリハビリの評価や治療には骨や筋、軟部組織を触るという技術は非常に重要なものとなってきます。今回は、若手セラピストを中心に下肢の筋触察に必要な筋の走行の確認と実際に触る時のポイントを中心に勉強会を行いました。
 
12月スタッフ勉強会
2018-12-15
今月から4回シリーズで動作分析の勉強会を行う予定にしています。
第1回のテーマは「動作分析~寝返りを考える~」という内容で、勉強会を行いました。
正常といわれる寝返りの動作パターンは少なくとも9~10種類ほどあるといわれており、今回は大きく2つに分けた寝返りの動作パターンの確認と共に寝返りに必要な解剖学と運動学の知識の復習も兼ねて実施しました。動作分析に苦手意識を持つ若手スタッフも多いので、今回を含めた4回の勉強会でスキルアップを目指していきたいと考えています。
 
11月スタッフ勉強会
2018-11-20
今回のテーマは「通所リハビリテーション~医療から介護へ~」という内容で、勉強会を行いました。
今年度の診療報酬改定に伴って、介護保険を持たれている方の算定日数を超えて行う個別リハビリテーションがH31年3月31日をもって実施できなくなる状況になります。その為、当院では短時間通所リハビリテーションの開設を目指しており、その為に必要な通所リハビリテーションや介護保険における基礎的な知識の習得を目的に勉強会を行いました。
 
 
大分県病院学会 不撓不屈~つながる力、持ちこたえる力を増強しよう~
2018-11-18
H30年11月18日に大分県別府市のビーコンプラザで開催された大分県病院学会において、当院のリハビリテーション科から「患者との関わりについて振り返る~ラポール形成のためにすべきこと~」という演題にてポスター形式での発表を行いました。ラポールとは相手との間に信頼感があり心が通い合っている状態のことをいいます。リハビリテーションを行っていく中で、患者様との信頼関係を築くことは大変重要で、治療効果にも反映されてきます。症例を通して信頼関係構築の難しさを学び、それに対する課題を明確にすることの出来た内容の発表になりました。
1
<<医療法人 芝蘭会 今村病院>> 〒870-0022 大分県大分市大手町3-2-29 TEL:097-532-5181 FAX:097-533-0116